運行管理

検知された急操作や危険挙動の一覧から発生位置を確認できます。また、「データ振り分け」では、蓄積された走行データのうち「ドライバーが設定されていない走行データ」を各ドライバーに振り分けることで、ドライバーごとの安全診断を正確に把握することができるようになります。